セフレ

no1愛カツ
  • 愛カツ
  • 評価5

大人の出会いを楽しみたい方にオススメのサイトです。初心者の方でも安心のサポートが魅力の優良サイトといえばコチラ。

愛カツの詳細はコチラ▶

no2SWEET LINE
  • SWEET LINE
  • 評価4

フリーアドレスで利用可能なので、迷惑メールの心配がありません安心・安全にサイトを利用する事ができます

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

no3フレンズナビ
  • フレンズナビ
  • 評価1

セキュリティがしっかりした優良サイトなので、女性の利用者が多いのが特徴です初めて利用する方にもオススメのサイトです。

フレンズナビの詳細はコチラ▶

no4パラレル
  • パラレル
  • 評価3.5

シンプルな作りのサイトですが、出会い探しに便利な機能が豊富に揃っています出会い率が高いと口コミでも話題のサイト

パラレルの詳細はコチラ▶

no5家出@伝言板
  • 家出@伝言板
  • 評価4.5

掲示板やチャット等の機能が揃っているので、即会いや即エッチも可能のサイトです。大人の出会いを楽しんでみませんか?

家出@伝言板の詳細はコチラ▶

休憩

休憩

配送の仕事をしています。
別にやりたくてはじめた仕事ではありません・・・
この就職難で、やっと正社員で受け入れてくれた会社がたまたまそうでした。
初めは戸惑いましたが、それでも職を失いたくない私はそれなりに頑張りました。
いつも私といっしょに行動しながら、しごとを教えてくれる人。
せフレは6年目の人でした。
そして彼とは徐々に仲良くなっていきました。

そんな中、私はせフレと体の関係にまでなってしまいました。
彼とエッチするのは、だいたい休憩中でした。
実はかれには、彼女がいて結婚する予定の人ということを聞いていたんです。でも、それでも彼がよかったんです。
休憩になるたびに、いちゃいちゃするのですが、その場所は、トラックの荷台の中でした。
一番身近な場所で、そして一番ばれない場所でした。

荷物を気にしながら、セックス・・・
しかも立ったままのセックス。これがドキドキして興奮するものでした。
ベッドでのクンニよりも、立ったままのほうがより感じることができます。
後ろから挿入されていっぱいせフレを感じて、声を押し殺しながらイって・・・

ほぼ毎日こんな感じでセックスしています。
この関係があるから、大変な仕事でも頑張れるとも思っています。

近づきすぎた

近づき

「ねえ、あのときさ・・・」
「ん?いつ?何かしたっけあたし。」
「いや、おぼえてないならいいんだ。」
私はまったく記憶にないんですが、たまたまみていた同僚から話をきいたら、せフレと話をしていたときに顔をものすごく近づけてはなしてたから、こっちもびっくり
したと聞きました。
それを聞いて思い出したんです。その日はコンタクトが上手く入らなくて・・だから裸眼で出勤したんです。

もちろん眼鏡はもっていましたがたまたませフレに話しかけられたときによく見えないので顔は近づけたかもしれません。
それから彼にいわれたことば。
「よかったら付き合ってほしい」と・・・
どうも私が顔を近づけたときに、ドキドキしてそれから意識しはじめたといいました。
その話をきいた私は、せフレにもっと顔を近づけ鼻先がつきそうなくらいに、「いいよ。」と答えました。
からかったつもりでしたが・・いきなり抱きしめられてそのままキス。

速攻攻撃にメロメロになっていた私。強引な彼の行動に一瞬で好きになってしまいました。
ベッドの中でもグイグイくる彼。休む暇も与えてはくれないほどに快楽を与えてくれました。甘えた声でねだると、さらに突き上げてきてくれました。
体中が溶けそうなくらいの快楽でした。陰部は濡れっぱなしでした。

見てるだけで

見てる

「お前ってさ、男いるの?」
「一応居るよ、この学校じゃないけど。」
「そっか。でさそいついつもエッチしちゃってるわけだ。」
「何であんたに答えなきゃならないのよ。関係ないでしょ。」
「いや、それはそうなんだけどさ。あいつらもそうだけどクラスの大半のせフレは、お前のこと見てるだけでエロイよなって話してるんだぜ。近くで見てるとやっぱりエロイよな、確かに。」
「バカじゃないの?あんた童貞なの?セックスしたくてあたしにそういってんの?」
私があまりにもえげつない言葉を大きい声で発したせいで彼は、驚いて離れていきました。
が・・・
彼がいった言葉は気になりました。
「見てるだけでエロイ。」
って・・・なにそれ?もしかして狙われてるの?あたし。と不安になってしまいました。
で、そのことを他校にいるせフレにはなしたら、いつものように優しくベッドの中で抱きながら「一度お前の高校にいってみようかな、そいつらの顔見ておき
たいし。」

誰も知りませんが、地元では結構有名な不良なんです。私のせフレ・・
激しく抱かれながら、私は安心していました。
彼が動くたびにビクンと反応する体。そしてオマンコもキュッと締まり感じているんです。
数日後彼は、私の高校にきました。彼の顔をみた男子たちは青ざめていました。そしてそれから私を色眼鏡でみるやつはいなくなりました。

堅い

堅い

せフレはとてもかたい人・・・
それが私の仕事のパートナーなんですから
私はいつも、息がつまりそうでした。
何をいっても、くそまじめに答えてくる。
冗談も冗談で受け取らないような答えに、嫌気がさしはじめていました。
そんな気持ちの中・・・

不運なことに出張しなければならなくなってしまいました。
最悪な雰囲気の中、仕事を終えた私たち。
予約してある宿に向かいました。
別々の部屋、別れたあと私はすぐに飲み始めたんです。
一人で飲んでいると、やけに進み具合が早く・・
そしてその酔った体で私はせフレの部屋を訪ねました。
彼は私をみると、怪訝そうな顔をしましたが中には入れてくれました。

「そうとう呑んでるな。」
そういう彼に私は迫っていました。やたら抱きついていてそして、体を触っていました。
無言のまま、少し拒否されているようにも感じましたが、
私はお酒の力を借りてひるむことなく、せフレの下半身を触り始めました。
「ちょっと・・」
「いいじゃない、きもちいい?ほら、だんだん大きくなってきたよ。
調子にのった私はズボンを下ろし始めました。
見れば確実に勃起していました。
口に入れたらもっと大きく・・・
で、そこで記憶はなくなって、気付いたら朝になっていました。
フェラしたことすら思い出せず、しかも彼は終始無言でした。

許せない

許せない

結局私は、彼に本当に愛されているのかが分からなくなりました。
彼の押しで彼の家で同棲をはじめて半年たったころ・・・
浮気をしたんです。
じつはそのとき、何も私はせフレの浮気には気付いていませんでした。
様子がおかしいこともなかったし、いつもせフレは私のことを優先してくれていたんです。
急に私がでかけようといっても自分の用事を断ってくれるような人でした。

そんなひとが、浮気をしたんです。
いつも電話をすると出るのに、その日はなかなかでなくて・・・
でもどうしてもいっしょに行きたい所があったので仕事を早く終えて家に帰りました。
そこで彼と、しらないせフレがしているところを目撃してしまいました。
私にすぐ気付いた彼。
女性のほうが慌てていてすぐ部屋から出て行ってしまいました。
「あの女は駄目だな、どうもオマンコがゆるいししゃぶってても気持ちよくなかったし。やっぱりこういうことするとお前が一番だっていうことがつくづくわかるよ。」
・・・なんなんでしょうか?この言い訳。

これで私がほめられて機嫌がなおるとでも思ったのでしょうか?
逃げてった女のことはもはやどうでもよくなっていましたが彼だけは許せませんでした。
ことこまかく、あの女とのセックスの状況を私にはなしてその中で私をほめる要素を言うなんて。許せませんよ!

Copyright(c) 2010 出会えるオススメのせフレ募集掲示板「sniperbodyboard」 All Rights Reserved.